Turiguya Reports

Written by yoichiro

LittleJackレポート

   

たまにはまじめにLittle Jack社フィールドモニターとしてのレポートです。

まずは先月に入ってきた情報から!
美鮎180で のナマズレポートが入ってきました。
さすがにこのサイズだと使われている方は少ないかもしれませんが、バス狙いの釣行になんとナマズが!!! この美鮎180 両フックともvanfook社のフェザーフックに変更し、ひれをカット この変更で大きくS字に動くように変化するようです! しかしこれ・・・なまずGETではなくブレイクというレポートでした。 しかし数日後・・・。 同じ池にてロスとした美鮎を捕獲したとの連絡が! そしてなんとその美鮎でバスをGETとの事で下の写真が届きました。

今回のレポートを下さったJr.氏がチューニングした美鮎は下記のような感じです。

続いてのレポートはN氏に利用してもらったMABUNAIPER Vのレポートです。

このバイブレーション、振動が少なすぎて泳いでいるのか不安になるとの事。 飛距離やその他も残念ながら良い点無しとのレポートが・・・魚がいないのかな?と同じ場所でジャッカルのTNに変更するとすぐに釣れたとの事ですので、ひょっとすると通常のバイブレーションのように引くつりよりもリフトアンドフォールの縦を考えて釣りをしても良いのかなぁ〜とN氏と話しました。 尚、同様に弟のinosukeにも利用してもらいましたが、駄目との一言で終了しました・・・。 このバイブレーションの良さを見つけてやるというチャレンジャー常時募集中ですので気になる方は店頭にてご連絡下さい。

続いて本日のレポートです。

この3つのルアーをJr.氏/アニー氏/T島氏に託してテストしてもらいました!
テストに出てから1時間たらずでまず電話が・・・?!?!っと思いながら話を聞くとマブナイパーSが4投目にて塗装が剥げたとの連絡・・・
そして回ると・・・・・ 釣果の期待はDOWN ただし、鮎川湖の方は期待してて下さいとの事でした。
夕方、彼らが帰って来て結果報告

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




こんな感じで写真を撮ってきてくれていました。
そして下記のようなインプレッション が!
<<鮎川湖>>
・表記がSINKINGなのに浮く(これは現在問い合わせ中ですが、HPでは商品説明にはFLOATINGと記載しながら、上部には”パッケージにFLOATINGとなってますがSINKINGです。”と記載されています。ただ、ここにあるパッケージにはSINKINGって記載が・・・いったいどっち???)
・最初は期待したが、魚を釣るのは難しかった・・・。
・頭部分が軽すぎる/かなり浮力が強いのでウェイトチューンも高難度
・動き◎
・早巻きだとバランス×/巻き速度注意

<<マブナイパーS>>
・ 巻き速度注意みたいです。 回ります。 またトゥイッチ等のアクションを加えようとしても回るとの事、三人ともリップを大きくして良いから安定性が欲しいとのことでした。
・また着水状況によっては浮いてしまうとの事・・・。
・しかしファーストインプレッションとは異なり、こちらの方が鮎川湖より釣果に繋がったみたいで、不満は多いけど魚は釣れたルアーとなったみたいでした。

しかし、どちらのルアーもただ巻きが重要なのにその速度が難しいという難易度高のルアーの模様。 もちろんこちらのルアーも使いこなしてやるという挑戦者募集中ですので興味ある方は店頭にてお声をかけて下さい。

今シーズンはバスにも力が入っているLittle Jack社 やはりBassar達からは不満の声の部分も聞こえましたが、魚との出会いには繋がったみたいで、本日はこの鮎川湖の話を聞いていた中学生が使ってみたいと言ったのでレンタル中。 彼はどんな使い方を見つけてきてくれるか楽しみです!

また今回美鮎と本日の釣行でしっかりとインプレッションを頂いたJr.氏に威嚇のシークレットチューンを見せてもらいました。 僕の頭では思いつかないチューニング方法なのですが、このチューン威嚇の問題点である飛越姿勢が改善されるとの事! まだシークレットなのですが、そんなチューニング方法もありますので是非探してみて下さい。

A8ナチュラム

 - LittleJack, Turiguya, インプレッション, バス