Turiguya Reports

Written by yoichiro

Fatスプーン大会2011April

   

先日、4/17(日) 広島県のFishingArea帝釈にて開催されたFAT spoon大会にお客様と共に参加してきました。

帝釈に向かっている車内にて岡山勢は何人くらいいるかな?他にはいないだろうと予想していたのですが、現地につくと参加者の半数以上が岡山勢という驚きの状況。 僕を含め16名にて大会が開催されました。

1回戦、約1ヶ月ぶりの釣りの為、まずはリハビリと考えて楽な気持ちでスタート。 あたりが有っても乗せる事ができず悩みながら20分でどうにか2匹 1匹はフォール、もう1匹は巻きでの綺麗なあたりをどうにか拾って後半の20分に・・・ 審判をしている間もしっかりと様子を伺いますが、パターンは見つけれず悩みながらの後半、前半以上に僕には厳しくどうにか1匹をとるのが精一杯な状況。 あたりがあっても乗せれないつらい状況でしたが、対戦相手の方も同じように悩んでくれた?為一回戦突破

2回戦は本日一緒に来たMさんとの対戦
僕が最初に1本釣ったあとは、前後半を通してお互いに交互に釣る展開・・・。 1匹差で逃げ切ったかと思ったラスト0秒でなんとMさんが魚を掛け、サドンデスを覚悟しましたが、運が見方をしてくれ、Mさんのバラシにより勝ち抜け。 場所的にも1回戦とほとんど同じ辺りだったため、1回戦より釣りやすく感じた2回戦でした。

そして決勝 5人での戦いは一番端っこに!
全くわからない場所で魚影はいままでの所より遥かに多く見える事で戦略がきまらないそんな状況に陥りました。 ライズしてるから表層をしても相手をしてくれない、かといって中層の巻きには反応がほとんどなく・・・普段しないボトムを中心に戦略をたて、ポロポロとどうにか魚をGET 端だったため周りの様子もわからず時間終了後どうなったのかと思うと、3人が同数でサドンデスとの事・・・

サドンデス1匹早掛けはボトムの戦略でスタートしましたが、一投に時間がかかりすぎ、早掛け向きではないような感じ&僕の忍耐力が続かなそうな気がしたので1lbタックルに変更し表層の巻き→手前数メートルのみボトムのズル引きという方法に変更。 このように悩んでる間にも他の選手が魚を掛け、勝負は決まったと思った瞬間が何度かあったのですが、全てネットイン手前でバレたらしく、この切り替えが僕にとっては良いように働き奇跡的にTOPで魚をGET

なんと奇跡の連覇を成し遂げちゃいました!!!

今回の大会はspoonはヤリエ社のみ、そしてリールは全てIOS FACTORY社のフルチューンということで、リールとスプーンで勝たせてもらいました!!! ありがとうございました。
<今回使用し釣果を上げたスプーン>
・TスプーンBROS 0.6g 1.4g
・Tスプーン1.1g 0.9g
・Ringo Midi 1.8g
・ピリカモア 1.0g

午後からの帝釈ですが、あいかわらず釣れます(笑)
途中から何故か金色系のスプーンが好調になり、片面が金色のスプーンであれば何でも釣れる?状態に
<金系で釣果をあげたスプーン>
マイクロベスパ1.6g/ウルトラベスパ2.2g(リバーオールド)
ピリカモア0.5g 1.0g 1.5gリンゴミディ1.8g/Tスプーン1.4g 0.6g(ヤリエ)
ナム0.3g(B-house)

そしてプラグにかえても、ミノー/ペンシル/ポッパー トップ系で最高の反応!
しっかりと楽しませてくれたFishingArea帝釈でした。

ちなみに、現在販売中のヤリエ社のTスプーン、かなりおすすめです。
0.6g 1.4gは綺麗な動きで扱いやすく、0.9g 1.1gもイレギュラーなスライドアクションは活性が低かったり、中々のらない状況でのワンバイトを誘います! そしてもちろん0.6g/1.4gを利用して自分でワンアクション加えるのも楽しいです。まだ利用した事のない方には是非お試しいただきたいスプーンですので是非店頭にてご覧になりお買い求め下さい!


==========================================
お知らせ
5/8 FishingArea帝釈にてTuriguyaTrout選手権を開催!
詳細は http://www.turigya.pasora.net/rule.html
皆様のご参加お待ちしています!

********************************************************
On April 17th, I went to Fishing Area Taisyaku to join spoon competition. I won last spoon competition on  Feb, so my aim is win again, but I know it is not easy aim.

It’s different from last time, there are no new fishes. Therefore we can easy to guess tough condition on this time.

In fact, through the fishing, there are so much bits that I can feel but it is very difficult to catch the fish. However, my condition is not bad.  I couldn’t get many fish, but I catch good pace, so I advanced to final stage.  On final it’s still tough condition, and I couldn’t find good pattern to get fish.  (on Feb’s competition I found good color that easy to catch fish, I couldn’t find any hit in this time.) Therefore I said to myself, “just concentrate!”  Because of this or not?  I got same number of fish which is top of finalist.  So now I had to move play-off.
Finally I got fish using 1lb tackle and won this competition.

Through this competition, I only use Yarie’s spoon and all of my reels were tuned by IOS factory.  I want to say thank you for those company.
They make really good spoon and make reels better.  Also luck would be my side on this time. Because I know I could not win without luck!

The afternoon, we keep fishing.  The pond condition change more and more better through time past. It’s very enjoyable time.  You could see the pics of above Japanese writing.

and ANNOUNCEMENT!!!

on May 8th. we have Truiguya Trout Competition at Fishing Area Taisyaku.
If you are interested in this event look at below URL
http://www.turigya.pasora.net/rule.html

we are waiting to see there!   thanks.

A8ナチュラム

 - イベント/大会, インプレッション, トラウト