Turiguya Reports

Written by yoichiro

#2011-02_FishingArea帝釈1lb大会

   

昨日1/15(土)広島県のFishingArea帝釈さんで開催された1lb大会に参加してきました。

着くと景色はこんな感じ!

分かってはいたものの雪景色の中大会がスタートしました。

YGKのニトロントラウト1lb廃盤により今回からバリバスの1.2lbが規定ラインに! そしてスプーンもFATスプーンなら好きな色を使用可能に!と昨年までとは若干ルールも変更されてのシーズンスタートとなりました。

時間は1時間*4ラウンド 放流もあったとの事で期待の中大会がスタート

一投目でいきなりあたりがあるもののバラシ2投目 がっちりフッキングできたと思った瞬間に・・・。 切れました(泣)
寒いので結び直さずに竿を変えての3投目・・・ パチンという音とともにまたもやラインブレイク・・・

もうこの時点で頭の中は大混乱・・・。 正直意味が分からない状況に陥ってました。 その後も魚をとったりばらしたりきれたりの繰り返し・・・。
30分経過時点で6匹GETの5ブレイク・・・。 7匹目をGETした後、リリーサーを使おうとネットから魚を出してリリーサーを近づけた瞬間に”プチィッ”・・・ 僕の集中力は完全にこの時点で切れました(苦笑)

そのままクラブハウスに戻り釣果を報告して第一ラウンドは終了とし、コーヒータイム。 まだ20分ほど第一ラウンドは残ってましたが、このままではロストが増えるだけという判断を下し、ゆったりと周りを見ながら休憩する事に!

そして第一ラウンド終了 なんとみんなかなりのルアーロストで戻ってきて!!! ただ、釣果もトップのJr氏は30匹と・・・。

気持ちを切り替えての第二ラウンド 今度はドラグや釣り方をかなり調整し、そして探りながら最初の30分で9匹(ルアーロスと1)と第一ラウンドに比べたらかなり順調な釣果・・・ただ、その後がパターンが見つけれずそしてロストもやはり増え12匹 3ロストで終了。

2ラウンド終了後の休憩時にオーナーの高橋さんより魚とやり取り時の巻きの速度を指摘されそこを意識しながら第三ラウンド(なんと抽選の釣り座は第二ラウンドと同じ!)

第二ラウンドもトップの釣果は20匹超え! 未だに高活性のこのポンドでどれだけ魚に口を使わせきちんと取り込み、ブレイクしないようにする。
徹底的に頭でイメージを再確認しながら高橋さんに指摘していただいた点をしっかりと気をつけた第3ラウンド 今回は魚のサイズが15cm〜50cmとバラバラな上、棚を探ってもサイズを釣り分ける事ができなかった中、どうにか小さめだけを釣るパターンを見つけ集中力を切らさずに良いペースで釣り続ける事に成功! しかしラスト3分 19匹目をつり上げたあと、20匹を釣りたい気持ちが勝り急いでキャスト・・・これが凍えた手が反応しきれず指がラインにかかったままになりキャスト切れ(笑)・・・ 結局このラウンドは19匹 ロスト1 という結果に! しかしなんとこの第三ラウンドはこの19匹がトップ釣果で!!! 高橋さんのアドバイスを意識した所、バラシが激減! これが正直大きな変化となりました。

最終ラウンドも最初の4投で4匹掛け、3匹を取り込みものすごく順調なスタートを切ったのですが・・・その後風の影響か?パターンを見失い、30分経過時にまだ4匹・・・ 必死でパターンを探し40分過ぎくらいに新たなパターンを発見し約10分で5匹追加、しかしその勢いのまま掛けた次の相手が最悪でした。 40cmを超える大きな個体の背びれにフックが・・・。
朝一の僕なら確実に途中でラインブレイクだったと思いますが約10分かけてなんとか取り込み、最終ラウンド終了 最終は10匹 ロスト0という結果になりました。

今回のライン、今までのラインより伸び率が低く表示強度は今までより強いのですが、線形が今までより細い事もあり、扱う上での注意点がかなりかわってしまいました。 ただ、この変化でいくら今年初の管釣りといえど、今まで自分の釣りがどれだけ雑になっていたかを実感し、再確認するとても有意義な釣行となりました。 IOSチューンのリールに頼りすぎていた、魚とのやり取りの基本を忘れていた。 本当にこの事を実感しました。 そして僕の悪い癖を的確に指摘してくれたFishingArea帝釈の高橋オーナーに本当に感謝の一日でした。

釣りは一人でできる遊びですが、ぜひ自分より上手い方と一緒にいってアドバイスを受けてください。 もちろん釣りのスタイルは十人十色だと思いますがひょっとすると今回の僕みたいに目から鱗の自分が忘れていた何かが見つかるかもしれませんよ!

ちなみに、大会終了後にこの間からいろいろ試しているモエビックスをチューンしたものをテスト! バイト多数、なのですが・・・ちょっと改良の余地ありの為変更を施したいと思っています。 ただ、ボトムにいる魚はかなり高反応をしめしてましたのでメバルだけでなくやはり管釣りにもおすすめのルアーです!

ある意味苦痛をしいられるFishingArea帝釈の1lb大会は奇数月の第3土曜日に開催中! 僕も参加可能な月は行きたい大会となっていますので興味ある方はぜひ、店頭でお声を掛けてください。 一緒に行きましょう!

A8ナチュラム

 - LittleJack, トラウト