Turiguya Reports

Written by yoichiro

昨年の釣り納め

   

今年初の釣行記は昨年UPできなかった釣り納めの記録でスタートです。

12/30 仕事前に池のメンテナンスを終えて再オープンのトラウトエリアタキへ90分のみの釣行に弟と行ってきました。

雨?雪?霙?の入り交じる天候の中、釣りを開始

風景

期待した1投目は反応無し・・・

しかし数投で1匹目をGET そこからは連ちゃんモードです!
完全な放流パターン! 良い感じで釣れ続けます。

そこで今まで何度も挑戦しては断念しているモエビックスを投入
しかし・・・ あたりはあれど乗せれません・・・。 難しい・・・。 弟にも投げてみてもらうものの釣れない・・・。

気分転換にスプーンに戻すとやはり良い感じ! でも、どうしてもモエビックスで釣らなければ。 今日なら絶対釣れるはず!
そう信じて再度モエビックスを投入
モエビックス管釣り仕様

投げる事しばらく・・・ 来た! 今度こそばらさないように慎重なやり取りの後、ついにモエビックスで虹鱒をゲットです!

やはり後ろのフック・・・

(釣ったあとの結論としては、このモエビックスを虹鱒onlyの管釣りで使いたい場合は後ろのフックを潰しそこにリングを付けバーブレスフックを取り付ける事をお勧めします。 多くの釣り場では返しを潰すことで利用可能になるとは思いますがフックが太&固定されているためなかなかかかりません。 この一匹を釣るまで何度か一瞬のやり取りの後バレルということがありました。 正直、忍耐力のいる釣となってしまいましたが、上記のようにリアフックを通常のトラウトフックに変えていればもっと簡単につれていたのでは?と思います。)

とりあえず目的を達成できた満足感だけでなく、90分で少なくとも20匹は釣れたという高釣果に対する満足感も有りの釣り納めとなりました。

A8ナチュラム

 - LittleJack, トラウト